コロナ禍でもコンサートを楽しむジャニオタ術まとめ~スマイルアップシールド~

f:id:chu-rr:20210830150325p:plain

コロナ禍でもンサートや舞台は再開されてます。

私は仕事柄まだまだ行けそうにもないけど、いろんな人のレポを読んでいいな~とか、こんな風に楽しむのか、こんな

対策をするのかと感心したところがたくさんあったので、それを記事にしてみました。

コロナ禍の必需品マスク

必需品のマスクとて普通の不織布マスクは使わないのがジャニオタ。

黒マスク一択派と移動や公演前はメンカラ*1のマスク、公演中は黒マスクというのが多いよう。

本当はメンカラのマスクを使用したいところですが、後述するスマイルアップシールド*2を利用する際に、黒以外の色だと反射してしまいコンサートが見づらいため公演中には黒マスクを利用するとのこと。

また人気なのはN95マスクと同程度の性能だと言われているKN95マスク。*3

その性能もさることながら、小顔に見えるマスクということで人気があります。

KN95マスクにもカラーのかわいい色合いの商品が販売されています。


 

スマイルアップシールド

発表されたとき全ジャニオタがざわついたスマイルアップシールド(笑)

会場で配られるものはマスクのひもに通すタイプのため、視界が曇る、反射する、シールドを外したいときや水分補給をしたいときに全部を外す必要があるということが難点のようです。

下にまとめた2つの対策を実践している方がほとんどです。

その1:メガネ用の曇り止めを使用すること

百円ショップなどでも販売されているメガネ用の曇り止めを公演前に配布されたスマイルアップシールドに塗布しておくことで、湿気で曇ることなく快適に公演を楽しめるとのこと。

こちらはZIPでも紹介された強力くもり止め。フェイスシールド持参する人は自宅で塗ってから行くのがおすすめです。


 

その2:自前のフェイスシールドを持参すること

一番人気は山本光学のフェイスシールド。

曇りにくい、反射しにくい、透明度の3拍子そろっており、とても快適に公演を楽しめます。

このフェイスシールドをつけたまま防振双眼鏡を使用することもできたとの声多数でした。

持ち運びには、セリアのボトル型ペンケースに山本光学のフェイスシールドをくるくるを丸めて収納すると便利とのこと。

フェイスシールドの下のほうなど視界を遮らないところにデコレーションシールを貼ったり、メンバーへのアピールを付けたりして楽しむ人もちらほらいるようです。


 

その他のもちもの

①アルコール系消毒薬

看護師としてのオススメは手ピカジェルプラス (お出かけちょうどいい60ml)

何がいいかというと、これから寒い季節になると流行りだすノロウイルスにも効く点です。普通のアルコール消毒薬はノロウイルスには効果がありませんが、手ピカジェルプラスは効くように作られています。

また、アルコール系ウェットティッシュがあると座席やペットボトルなどの物の消毒にはちょうどいいです。

②ペットボトル用ストロー

普通のペットボトルを公演中に飲もうとするとマスクもスマイルアップシールドも全部外さないといけなくなるため、マスクの下から差し込んで飲めるストロータイプが水分補給に最適。これも百円ショップで入手可能なので、ボトル型ペンケースと一緒に購入するとよさそう。

③ジェルネイルは控えて

これは看護師からのお願い。

ジェルネイルをしているとパルスオキシメーターで血液中の酸素濃度(SpO2)を測るときに困ります。コンサートや移動などの際に万が一、感染してしまったときにSpO2が測定できないと健康状態の評価が難しくなってしまいます。

ポリッシュやohoraネイルなどを活用して簡単に外せる状態にしておいてほしいです。*4


 

 

④レジャーシート(大きめポリ袋でも可すすめできません。

荷物を置く前にちょうどいいサイズに折りたたんだレジャーシートや大きめのポリ袋などを敷いてから荷物を置くことをおすすめします。

 

www.chu-rr.com

www.chu-rr.com

 

 

 

*1:メンバーカラー

*2:ジャニーズのコンサートで事務所側から用意されているフェイスシールド

*3:がちでフィットさせるとめっちゃ苦しい

*4:私も仕事柄ネイルはできないのでコンサートに行けるようになったらこれで楽しみたいと思ってる